· 

相続のほとんどが不動産。

  1. 同居状況と相続人:
    • 長女が離婚して母親と同居していた。
    • 父親が亡くなり、母親も亡くなった。現在、実家は長女の一人住まい。
  2. 母親の財産:
    • 自宅:6500万円
    • 預金:1500万円
    • 合計:8000万円
    • 相続人が姉妹3人で基礎控除は4800万円。相続税の申告が必要。
  3. 相続の課題:
    • 家を残したいという母親の希望と姉の一人住まいの課題が存在。
    • 財産のバランスや建て替え資金の必要性が考慮される。
  4. 相続税の節税方法:
    • 長女が自宅の土地と建物を相続し、小規模宅地等の特例を活用。
    • 評価額が減額されるため、相続税の納税は不要に。
  5. バランスの取り方:
    • 財産のバランスを調整するため、長女から姉妹に代償金を払う必要がある。
  6. 家を残すか売却するか:
    • 遺言書がないため、法定割合を基準として相続。
    • 姉が家を相続すれば、妹たちは現金が少なくなる可能性。
    • 自宅の建て替えには資金が必要で、共有名義にすることも複雑。

 アドバイスは、相続税や譲渡税を節税するために同居してきた長女が相続することで納税を減らす方法を提案しています。また、家を共有する場合に生じる問題や将来の相続に関するリスクについても注意喚起しています。

  代わりに、財産を分けて所有する方法を選択することを推奨しています。

 

 このアドバイスは、家族構成や資産状況を考慮したもので、適切な対応をする上で非常に重要です。ただし、個々の状況によって最適な解決策が異なるため、専門家の意見を得ながら進めることが重要です