· 

相続税の節税策

 日本の相続税は累進課税方式を採用しており、財産が多ければ相続税も高くなる仕組みです。

 相続税を節税するためには、財産を減らすか、評価を下げる方法を考える必要があります。

 以下に相続税の節税方法について詳しく解説します。

 

1. 贈与に注意する: 相続税の節税対策として、財産を減らすために贈与(生前の贈り

物)を行うことが考えられます。

 しかし、贈与税も累進課税であり、相続税に比べて基礎控除が低く、税率が高いことがあります。したがって、贈与税の負担も考慮しなければなりません。

 

 

2. 賃貸物件を建てる: 賃貸物件を建てることで、土地や建物の評価を下げることができます

 賃貸物件が建っている土地は「貸家建付地」と呼ばれ、評価が低くなります。

 また、借入金を負債として控除できるため、相続税評価額を大幅に減らすことができます。 

 建物の評価も低く設定されており、相続税を安くする手堅い方法です

 

3. 現金を不動産に替える: 現金を不動産に投資することで、相続税評価額を下げるができます。

 不動産の評価額は公示価格に基づいて計算されますが、相続税評価額はそれよりも低くなります。

 不動産を賃貸する場合、借地権と借家権の割合を考慮して評価が行われ、相続税を節税する効果があります。

 

4. 相続発生後の節税: 相続発生後でも相続税を節税する方法があります。まず、相続税の申告時に財産評価を下げる方法が考えられます。

 土地の評価方法などについては個別の状況に応じて評価を行うことができます。

 また、納税を少なくするために、特例や控除を効果的に利用することも有効です。

 相続税の節税の基本は、「評価を下げること」と「納税を少なくすること」です。

 生前から対策を考えることも重要ですが、相続発生後でも節税の機会があります。

 相続税の節税対策は複雑な場合もあるため、専門家の助言を受けることがおすすめです。