· 

財産を活用するため

 Aさんの状況では、大きな財産を持つことができたものの、預金にしておくだけでは十分な収益を生み出すことが難しいことがわかります。

 以下に、Aさんが財産を生かすために考えるべきポイントと提案をまとめます:

 

1. 不動産の活用:

 不動産は賃貸に出すことで、収益を得る方法です。アパートや分譲マンションといった不動産を賃貸物件として運用することで、定期的な家賃収入を得ることができます。

 また、不動産の評価は相続税評価額の30%程度で評価され、相続税の節税にも寄与します。不動産経営に関するアドバイスを受けることが重要です。

 

2. 適切な資産分散:

 財産を預金に頼らず、不動産や他の投資資産に分散して配置することを検討しましょう。これにより、リスクを分散し、将来の収益を最適化することが可能です。

 

3. 生命保険の検討:

  生命保険は家族の経済的な安定を確保するために重要です。生命保険に加入し、家族の将来に備えることを検討しましょう。

 保険の選択肢やプランを比較検討し、家族のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

 

4. 遺言書の作成:

  遺言書を作成することで、財産の分配を明確にすることができます。

 Aさんの望む通りに財産を娘たちに残すために、遺言書を作成しましょう。

 遺言書には法的効力があり、遺産分割を円滑に進めるのに役立ちます。

 

5. 相続プランの検討:

 "オーダーメード相続プラン"を作成し、家族全体の方向性を見極めることが重要です。

 専門家と協力して、相続の必要性や効果を詳細に検証し、将来の計画を立てましょう。

 

 Aさんの財産を最適に活用するためには、不動産経営や資産運用に関する専門家と協力することがおすすめです。

 また、将来の安定した生活や娘たちへの遺産の提供を考え、計画的に行動することが大切です。