· 

相続に関する重要なアドバイス

1. 相続はチームで解決:

 相続には法的な知識だけでなく、相続税、介護、葬儀など多岐にわたる知識が必要です。

 相続に関連する法律や制度は頻繁に変わるため、専門家の協力が不可欠です。

 相続実務のプロは専門家チームを構築し、家族に最適な解決策を見つけます。

 

2. 遺言書の真の目的:

 遺言書を作成する際、金銭的なことだけでなく、想いや願いを叶えることが重要です。

 家族の関係や財産の状況に応じて、真の目的を明確にすることが大切です。

 

3. 遺留分侵害額の請求:

 遺留分侵害額の請求がある場合、家族間の争いが起こる可能性が高いことを認識し、遺留分

 に関する決定を行う前に家族の意向を尊重することが示唆されています。

 

4. 遺言書の修正:

 遺言書を部分的に修正することは、専門的な知識が必要であり、誤った修正が行われると整

 合性の問題や無効化のリスクが生じる可能性があります

 そのため、遺言書の修正は専門家への相談が不可欠です。

 

5. 遺言書の過去の作成履歴を伝える:

 過去に遺言書を作成したことがある場合、それを専門家に伝えることが重要です。

 過去の遺言書が現在の遺言書と整合性のあるものであるかどうかを確認するためです。

 

 このアドバイスに従うことで、相続に関連するリスクを最小限に抑え、円滑な相続プロ

 セスを確立できるでしょう。

 相続に関する専門家との協力は非常に重要です。