公正証書遺言の作成手続き

 

公正証書遺言の作成手続きと手数料についての詳細な情報

 

 公正証書遺言の概要:

 公正証書遺言は公証役場で作成され、公証人が遺言を遺す人の指示に従って作成します。

 2人以上の証人が立ち会い、遺言者の正当性や判断能力を確認します。

 

必要な書類:

  • 遺言者の印鑑登録証明書(印鑑登録がない場合は運転免許証やパスポート)
  • 遺言者の戸籍謄本
  • 遺言者と相続人の戸籍謄本(続柄を示す)
  • 財産を他の人に譲る場合はその人の住民票の写し
  • 不動産の登記事項証明書(登記簿謄本)
  • 固定資産税納税通知書または固定資産評価証明書
  • 預貯金の通帳のコピー
  • 証人の情報(名前、住所、生年月日、職業)

公正証書遺言の作成手順:

  1. 遺言内容のメモ書きを作成
  2. 公証役場で相談日時の予約
  3. 公証人との相談
  4. 証人の依頼
  5. 作成日の予約と必要書類の提出
  6. 作成日当日に遺言書内容の確認と署名・押印
  7. 正本と謄本の保管

公正証書遺言のメリット:

  • 信用性が高く、無効になる可能性が低い。
  • 公証人と証人の立ち会いにより、内容の信用性が高まる。
  • 検認手続きが不要。
  • 病気や高齢の場合にも作成可能。

公正証書遺言作成にかかる手数料:

  • 手数料は相続人ごとに財産の価格に応じて計算され、特定の基準に基づいて加算されることがあります。
  • 財産価格に応じた基準が適用され、1億円以下の場合、遺言加算や遺言書の枚数に応じた加算が行われることもあります。

 

まとめ:

  • 遺言書を作成することには相続人間の紛争を避ける利点があります。
  • 公正証書遺言の作成手続きは複雑で、知識と資料の準備が必要です。
  • 遺言書作成を検討する場合、専門家のサポートを受けることを検討し、費用面も考慮する必要があります。
  • 公正証書遺言は相続に関する重要な文書であり、適切に作成し、手数料を計算するために専門家の助けを借りることが重要です