· 

土地の遺産分割 土地評価

  土地の遺産分割は、相続財産の中でも特に複雑なプロセスの一つです。

  以下に、土地の評価方法と遺産分割の方法について簡単に解説します。

 

土地の評価方法:

  • 不動産鑑定士による不動産鑑定評価額:

  専門の鑑定士が現地調査を行い、土地の価値を評価します。これは相対的に精密で信頼性が高い方法です。

  • 不動産業者による査定額:

  不動産業者が市場動向や競合物件などを考慮して査定し、土地の価格を見積もります。

  • 相続税路線価×地積÷0.8:

  相続税の評価基準である路線価を土地の地積で割り、その結果を0.8で除したものです。

  • 固定資産税評価額÷0.7:

  固定資産税評価額を0.7で割ることで評価された土地の価格が得られます。

 

  遺産分割の方法:

  • 現物分割:

  土地を実際の形状や権利に応じて分割する方法です。各相続人が分割された土地を所有することになります。

  • 代償分割:

  相続人の中で土地を引き継ぐ者が他の相続人に代償を支払い、土地を占有する方法です。代償の金額は公平かつ合意が必要です。

  • 換価分割:

  土地を分割せず、相続人それぞれに他の財産や資産を換価して分与する方法です。

  • 共有による分割:

  土地を共有し、共有者それぞれに権利が割り当てられる方法です。

  共有者が協力して土地の利用や管理を行います。

 

   遺産分割協議書の作成:

  遺産分割においては、相続人全員が合意した上で、分割内容や詳細を明確にするために遺産分割協議書が必要です。

  この協議書には土地の評価方法、分割方法、代償の取り決め、共有のルールなどが含まれます。

  遺産分割協議書は法的な効力を持ち、トラブルを未然に防ぐためにも重要です。

  土地の評価と遺産分割は法的な手続きが伴いますので、専門家や弁護士のアドバイスを受けながら進めることが重要です。