· 

未活用の土地を有効に活かす

方の資産家が所有する未活用の土地を有効に活かすためのアイデア

  • 未活用土地の課題:

 地方の資産家は、大きな広さの土地や複数の土地を所有しているが、中には手入れが行き届いていない荒れ地や駐車場にできる更地もある。

 これらの土地は放置されており、固定資産税の支払いに苦慮しているケースがある。

  • 「管理地」のアイデア:

 土地の活用法を模索し、資産家が所有するすべての土地に「管理地」という看板を設置することで、周囲に土地の利用意向を知らせる。

 看板には連絡先が掲示され、興味を持った人が問い合わせることが期待される。

  • 成功事例:

 資産家Cさんのケースでは、管理地の看板により、放置されていた200坪の土地に関する問い合わせがあり、結果的に売却することに成功。

 土地は医院の建設用地として購入され、売却額は相場を上回り、Cさんにとっては望外の喜びとなった。

  • 「管理地」のメリット:

 「管理地」という看板は、通常の「売り地」や「売り物件」とは異なり、周辺の人々に「何かが建つかもしれない」といった興味を引き起こす。

 売却のチャンスが巡ってきたとき、興味を持った買い手が現れやすい。

  • 潜在的な需要の発掘:

 土地は特異性を持っており、欲しいと思う人は近隣に存在する可能性が高い。

「管理地」の看板を通じて潜在的な需要を引き出し、土地を売却することが期待できる。

  • 不動産の特性を活かす:

 土地の特性や利点を活かし、資産家にとって最適な利用法を見つけ出すことが大切。

 不動産はその土地自体の特異性に価値があり、それを活かすことが土地の有効活用につながる。

 このアイデアは、土地を所有するだけでなく、周囲の人々に土地の潜在的な価値を知らせ、需要を引き出す方法として効果的であることを示唆しています。