· 

信託における「受益者・受託者」

信託における「受益者・受託者」と「所有者・管理者」についての説明です:

 

  1. 受益者・受託者:
    • 受益者(Beneficiary): 信託において、経済的な利益を享受する権利を持つ人を指します。受益者は信託の目的として指定され、財産から得られる収益や利益を受け取る権利があります。
    • 受託者(Trustee): 信託において、財産を預かり、信託の目的に従って財産を管理・処分する責任を負う人を指します。受託者は法的な所有者でありながら、経済的な所有権は受益者に帰属します。
  2. 所有者・管理者:
    • 所有者: 財産の法的な所有者を指します。信託が設定されると、財産の法的な名義は受託者に変わりますが、実際の経済的な権利(収益や利益の享受権)は受益者に帰属します。
    • 管理者: 財産を管理・処分する責任を負う人であり、信託においては受託者が管理者となります。管理者は法的な所有者であるが、経済的な権利は受益者に属します。

  信託の基本的な考え方は、法的な所有者と経済的な所有者を分離し、受益者が実質的な利益を享受できるようにすることです。

  経済的な所有権は受益者に帰属し、受託者が法的な所有権を保有します。これにより、信託の目的や信託契約に基づいて財産が管理・処分され、受益者に利益が提供されます。

 

  税務上では、実質課税の原則が適用され、信託契約に基づく財産の移転や利益の提供があった場合、贈与税や相続税が課税されることがあります。