· 

相続税の節税

 相続税の節税に焦点を当てて、具体的な節税方法やその注意点について説明します。

 

 節税の要点:

  • 相続税の節税方法: 相続税の節税は、相続の対象となる財産を減らすことが基本です。これには、使って減らす、評価を下げて減らす、あげて減らす(生前贈与)などの方法があります。
  • 使って減らす方法: 直接的に財産を使ってしまう方法。ただし、老後資金不足にならないように注意が必要。
  • 評価を下げて減らす方法: 不動産などの財産を取得時の金額よりも相続税の評価額を低く抑える方法。これにより、相続税を節税できる。
  • タワーマンションの節税: 特に高額な不動産、例えばタワーマンションの購入が節税に効果的であることが言及されている。
  • 評価額の低さの理由: 不動産は建物と土地に分けて評価され、建物の評価額は建築費の一部であり、古くなるほど評価が下がる。また、土地の評価は路線価を基準に計算され、不動産の市場価格とは異なる。

 

 タワーマンション節税のポイント:

  • 高層階の効果: 高層階のタワーマンションは、相続税評価額が低くなる傾向がある。これは市場価格が高いのにもかかわらず、相続税評価額が変わらないため。
  • 乖離に注意: 最近では、相続税評価額と売買価格との乖離が大きすぎる場合、当局が注意を払うようになってきている。節税が目的であることが明白すぎると問題が生じる可能性がある。
  • リスクの認識: タワーマンション節税には、評価額と売買価格の差が過大であるといったリスクがある。これに対処するために、節税が難しくなっても問題ないと思える物件を選ぶことが推奨されている。

 節税のために不動産の取得や売買価格との乖離に注意する必要があり、節税対策には慎重かつ合法的なアプローチが必要であります。