· 

不動産の価値を自分で

  • インターネット検索:

 中古一戸建てやマンションの場合、親の家の情報と同じ地域や条件の物件を検索します。

 具体的なキーワードで「○○市中古一戸建て(マンション)」などを入力し、ポータルサイトから検索結果を取得します。

  • 立地・広さ・建物面積の比較:

 親の家の立地情報を優先的に比較し、同じ地域、駅、徒歩分数などの条件で検索結果を絞り込みます。

 その後、土地の広さや建物面積が類似した物件を探します。

  • 築年数の考慮:

 親の家の築年数がわかれば、同様の築年数の物件を絞り込み、建物の評価や価格の傾向を考慮します。

 築25年超の木造建築ならば、建物の評価が低いことも考慮します。

  • 貸す場合の手順:

 「貸す」場合も同様の手順で進めます。賃貸市場においては、同じ地域での賃料相場を把握し、同様の条件の物件で比較します。

 実際の取引の動きについては、地元の不動産会社に問い合わせて情報を得ます。

  • 価格の柔軟な調整:

 インターネット上の情報はあくまで参考であり、実際の価格や賃料は交渉次第で変動する可能性があります。

 需要がつかない場合は、柔軟な価格調整が必要です。

  • 地元の不動産会社への問い合わせ:

 最終的には地元の不動産会社に問い合わせて、実際の市場動向や取引実績を確認することが重要です。

 地元の専門家のアドバイスを得ることで、より具体的な情報が得られます。

 これらの手順を踏んで、実際の取引状況や市場のトレンドを把握し、親の家の価値をより正確に評価することが可能です。