· 

不動産会社への質問

不動産会社への質問:

 

 情報が積極的に提供されている不動産会社に電話やメールで問い合わせます。

 2〜3社に問い合わせをし、実際に親の家を見ないという断りを入れつつ、情報を得ることが期待できます。

  • 質問1:買い手がつきやすいかつきにくいか:

親の家の立地が人気かどうか、住む人の属性や職業などを尋ね、買い手がつきやすいかどうかを確認します。これにより、買い手の需要と親の家の適切な価格相場を把握できます。

  • 質問2:実際にはいくらで売れるか:

インターネット上の売り出し価格は希望の価格であり、実際には交渉が入り値下げが発生する可能性があります。不動産会社に実際の成約価格の状況を尋ね、現実的な売却価格を知ります。

  • 質問3:売れるまでの期間はどのくらいか:

売却までの期間を尋ね、一般的な取引事例を把握します。特に一戸建ての場合、時間がかかることを考慮しておく必要があります。

 

貸す場合の留意事項:

 

 「貸す」場合はリフォームがカギとなります。

 築15年超の場合、水回りや床・壁のリフォームが必要です。

 地元の不動産会社に相談し、必要なリフォームの内容、費用、家賃、回収までの期間などを質問します。

 これらの質問を通じて、親の家の市場価値や取引の実情を把握し、適切な判断材料を得ることができます。

 また、不動産会社の専門家の助言を受けることも重要です。