· 

小規模宅地等の特例 節税

「小規模宅地等の特例」は、相続税の節税に大きな影響を与える制度です。以下に、特例の要点をまとめてみます。

 

特例の要点:

  • 全員の同意が必要:

 特例を適用できる土地を相続した場合、全ての相続人の同意が必要です。

 これは、特例を受ける人が得をする制度であるため、同意を得ることが難しい場合もあるため注意が必要です。

  • 特定居住用宅地や特定事業用宅地:

 特例の適用条件を満たす土地を「特定居住用宅地」または「特定事業用宅地」と呼びます。

 具体的な条件は確認が必要です。

  • 特例の背景:

 相続税の課税により、生活に必要な最低限の財産を失うことを防ぐために生まれた制度です。

 特に地価の高い地域では土地の評価が高くなり、この特例が重要になります。

  • 適用できない場合の影響:

特例が適用できない場合、節税上で大きな損失が生じる可能性があります。適用できるかどうかを事前に確認し、対策を検討することが重要です。

  • 特例の適用範囲の選択:

 適用できる特例が複数ある場合、相続人は特例を適用する土地を選択できます。

 節税効果が大きい土地から優先的に選ぶべきです。

 

二次相続の視野に入れるメリット:

 

二次相続の概要:

 二次相続は、夫婦の場合に一度目の相続(一次相続)の後、もう一方が亡くなった場合を指します。

  • 配偶者の税額軽減の特例:

 配偶者には通常、相続税が課税されない特例があります。

 特に節税の必要がない場合、小規模宅地等の特例をわざわざ適用する必要はありません。

  • 実子の相続と特例の適用:

実子が特例を適用できる場合、実子が土地を相続し特例を利用することで、相続税の節税が可能です。

  • 二次相続での特例の再適用:

 二次相続が発生した場合、再び特例を適用することで相続税の節税が期待できます。

 

 アドバイス:

  • 条件の確認:

 相続される土地が特例の条件を満たしているかを確認しましょう。

  • 専門家の協力:

 特例の適用や節税効果の計算は複雑です。

 相続税専門の税理士と協力して計画を立てましょう。

  • 節税対策の検討:

 特例が適用できない場合は、可能な限り節税対策を検討しましょう。

 以上のポイントを考慮して、相続に関する計画を進めると良いでしょう。