· 

複雑な婚姻関係と遺言書の重要性

長期の事実婚

BさんとCさんは20年以上の事実婚関係にあったが、結婚はしなかった。

 前妻との子どもがいた

 Bさんには前妻との間に3人の子どもがおり、そのためCさんとの結婚にためらいがあった。

  • 相続権のない内縁関係

 内縁関係では相続権が認められず、遺産の相続ができなかった。

 結果として、Cさんは住んでいた物件を売却し相続税を支払うことになり、自宅も失うことになった。

 遺言書の重要性

 内縁関係の妻には法的な相続権が認められないため、遺言書が有効な手段とされている。

 

ケース② 遺産請求のバックに嫁の存在

 遺産相続における提案と合意

 Fさんは母親の遺産相続で、土地と家をもらい、現金は弟2人と分ける提案をした。

 弟2人は納得し、合意が成立した。

  • 弟の嫁の介入と問題の発生

 弟の嫁が「もっと遺産が欲しい」と主張し、問題が生じる。

 弟の嫁の影響で、資産の平等分割が難しくなり、Fさんは家庭裁判所に調停を申し立てることになる。

 

 遺言書の不在による後悔

 Fさんは「お母さんに遺言書を書いておいてもらえばよかった」と後悔している。

 家庭裁判所の調停が難航し、裁判所の審判を仰ぐ状況になった。

 

 複雑な婚姻関係と遺言書の重要性

 再婚や複雑な婚姻関係の場合、遺言書の存在がトラブルを未然に防ぐ重要な手段とされている。

 

まとめ

 内縁関係や複雑な家族構成の場合、法的な相続権が不透明になりがちである。

 遺言書は特に内縁関係や複雑な事情がある場合において、相続トラブルを防ぐための有効な手段とされている。