· 

相続対策の進め方とポイント

相続対策の進め方とポイント

  • 個別の状況に合わせた対策が必要:

一般的な相続対策があるわけではなく、個別の状況に基づいた対策が必要。

現状を正確に知り、将来のゴールを設定することが重要。

  • 理想のゴールの設定:

相続対策は将来のゴールを見定めることから始まる。

現状を確認し、将来の目標や家族の希望を考慮して理想のゴールを描く。

  • 財産の棚卸し:

現在の財産状況を正確に把握するために財産の棚卸しを行う。

不動産や金融資産だけでなく、生命保険金や死亡退職金なども考慮する。

  • 相続税額の予測:

現在の財産内容から相続税額を算出する。

土地の評価には注意が必要で、専門家の協力を得ることが望ましい。

  • 理想の将来設計:

財産の状況と相続税額を踏まえ、将来の理想的な設計を考える。

家族の夢や希望を組み込み、理想の未来を描く。

  • 問題点の洗い出しと現実的な対策:

ゴール達成が難しい場合、問題点を特定し、現実的な対策を考える。

早めの対策が重要であるが、焦りを禁物とし冷静に進める。

  • 急がば回れの原則:

「急がば回れ」の原則を守りつつ、早めに相続対策に着手する。

現在と未来をしっかり把握し、家族にとって理想的な設計図を描く。

  • まとめ:相続対策は一般的な解決策がなく、個別の状況や目標に基づいて進める必要がある。

現状の理解と将来のゴール設定、家族の希望を考慮した上で、財産の詳細な棚卸しと相続税額の予測を行い、問題点を洗い出して現実的な対策を検討する。

焦りを禁物とし、「急がば回れ」の原則を守りながら、早めに着手することが重要である。