· 

実家の空き家が共有になる理由

 実家の空き家が共有になる理由やそれに伴うトラブルについて説明します。

 簡単にまとめると以下のようになります:

 

  1. 共有名義になる理由:
    • 分割できない不動産: 物理的な理由や法的な制約により、不動産を分割できない場合。
    • 争族で遺産分割がまとまらない: 兄弟姉妹間で相続争いが発生し、遺産分割が難しい場合。
    • とりあえず共有にしておく: 兄弟姉妹の仲が良く、相続争いがなくても、深く考えずに共有名義にする場合。
  2. 共有不動産がトラブルになるケース:
    • 売却や賃貸が難しい: 共有者全員の同意が必要であり、一人でも反対があれば進まないことがある。
    • 管理の負担が片寄る: 空き家の管理において、一部の共有者が負担を強いられ、不公平感が生じることがある。
    • 仲たがいや代替わりがあると困難: 兄弟姉妹の関係が悪化すると、共有物の管理や変更が難しくなり、時間の経過とともに解決が難しくなることがある。
  3. 親子の共有にも注意:
    • 親子の共有であってもトラブルの可能性がある。母の共有持分を他の兄弟姉妹が相続すると、兄弟姉妹全体が共有者になる。解決策として、相続時に対処法を話し合っておくことが重要。

 

 共有不動産においては、共有者間のコミュニケーションや合意形成が重要であり、トラブルを未然に防ぐためには遺産分割や共有物の管理について十分な計画と調整が必要です。