· 

訳あり不動産の分類

訳あり不動産の分類

1. 心理的瑕疵

  • 人が嫌悪感を抱く要因がある不動産。
  • : 事件・事故物件、火災被害、いわくつきの土地。

2. 物理的瑕疵

  • 不動産そのものに欠陥がある場合。
  • : ひび割れ、地盤沈下、液状化、家の傾き、腐敗など。

3. 環境的瑕疵

  • 不動産周辺の環境に問題がある場合。
  • : 土壌汚染、近隣の問題施設、異臭・騒音の発生など。

4. 法的瑕疵

  • 法令に違反している不動産。
  • : 再建築不可物件、旧耐震物件、建ぺい率・容積率の違反。

訳あり不動産の注意点

  1. 市場価値の低さ
    • 訳あり不動産は市場価値が低いため、売却が難しい。
  2. 固定資産税と維持費用
    • 放置するだけでも固定資産税や維持費用がかかる。
  3. 相続後の認識の難しさ
    • 相続後に初めて訳あり性が判明することがある。
  4. 物件の悪化と訳あり化のリスク
    • 放置することで物件の劣化が進み、訳あり不動産になる可能性がある。
  5. 解決が難しい複合的な問題
    • ゴミ屋敷や近隣トラブルが絡む場合、解決が難しい複合的な問題が生じる。

 

  • 「訳なし」から「訳あり」への変化
    • 時間とともに草刈りや管理が難しくなり、近隣トラブルが生じる可能性がある。
  • 専門的アドバイスの重要性
    • 不動産の法的問題は複雑であり、専門家のアドバイスが不可欠。

 

  • 遠方の土地を相続後に放置することで、近隣トラブルや草木の繁殖などが起き、訳あり化するケースがある。
  • 特にゴミ屋敷の問題は、単なる価値の低い物件ではなく、再建築不可の土地や法的な問題が絡む場合が多く、複合的なアプローチが必要とされている。