· 

生前贈与の様々なメリット

 生前贈与には様々なメリットがあり、これらを活かして賢明な相続対策を行うことができます。

 主なメリットに加えて、以下のポイントも考慮されます。

 

1-1. 税制上の優遇措置を受けられる可能性:

  • 生前贈与を行うことで、一定の金額までの贈与税の非課税枠や控除が適用される場合があります。これを上手に活用することで、相続時の税負担を軽減できます。

1-2. 異動登記により名義変更がスムーズ:

  • 生前贈与により名義が変更された不動産は、相続手続き時にスムーズに引き継げます。これにより、相続手続きの迅速な進行が可能となります。

1-3. 贈与時に評価額を低く設定可能:

  • 不動産の贈与時には、相続税評価額を低く設定することができます。これにより、将来的な相続時の贈与税を軽減できる可能性があります。

1-4. 長期の資産管理を相続人が行える:

  • 生前贈与により相続人が早い段階から不動産の管理を始めることができ、将来的な運用や売却などの資産管理が円滑に進む可能性があります。

1-5. 相続人同士のトラブル予防:

  • 生前に贈与を行うことで、相続時に発生する相続人同士のトラブルや紛争を予防することができます。特に不動産の共有は、相続人同士の協議や合意が必要であり、これを避けることができます。

1-6. 贈与の際に条件を付けることが可能:

  • 生前贈与の際に、特定の条件を設定することができます。たとえば、贈与を受けた相手が親の介護をする、あるいは一定期間居住する条件を付けることができます。

1-7. 贈与の手続きが円滑に進む:

  • 贈与は生前に行われるため、相続時に手続きが円滑に進み、相続人が不動産を迅速かつ効果的に引き継ぐことができます。

 

 生前贈与は慎重に計画し、専門家のアドバイスを受けながら進めることが重要です。

 相続税法や贈与税法の変更、また法的な制約に留意しながら、最適な相続対策を考えましょう。