· 

高齢化社会に伴う相続の変化や課題

 日本における高齢化社会に伴う相続の変化や課題についてです。

  • 高齢者の増加に伴う相続の変化:

 被相続人と相続人の年齢が共に高齢化しており、これが相続に新たな課題を生み出している。

  • 相続における特徴:

 被相続人は長寿化により相続財産が増加している。

 相続人も老後が迫っており、自身の相続について考えなければならない状況。

 介護に関する問題が増加しており、介護に従事する者の貢献度が相続に影響を与えている。

 少子化により夫婦間だけでの相続が増加し、兄弟姉妹間の相続が一般的になっている。

  • 相続構図の複雑化:

 出生よりも死亡者数が増えており、子が先に亡くなり孫や被相続人の親が法定相続人になるケースが増加している。

 子がいないために、お金を多く残した人の相続財産が兄弟姉妹に分かれることが増加している。

  • 経済の影響:

 経済の成長率低下に伴い、相続人間の所得格差が縮小し、被相続人の遺産への依存度が高まっている。

  • 土地の分割に関するアドバイス:

 土地は単独所有が望ましい。共有すると将来の処分が難しくなり、資産価値が減少する可能性がある。

 相続財産の構成上、土地と預金を別々に相続することも検討される。

  • お墓の問題への対応:

 お墓の問題は大きな負担となっており、生前に方向づけを行い、相続人に負担をかけないようにすることが重要。

 祭祀を担う相続人には一定の相続財産を遺贈する方法も提案されている。

  • 相続税の代わりに相続の形を重視:

 相続税の金額よりも、将来も良好な関係を築ける相続の形が重要視されている。

  • 遺言や贈与による権利調整の必要性:

 長期間の介護があった場合、介護した人に対して一定の相続をさせる形が必要。

 遺言や贈与を通じて、相続人との関係を整理する必要がある。