· 

親の面倒を見ることを条件

  親の面倒を見ることを条件にして遺産を相続した相続人(特に長男)がその条件を守らない場合に対処する方法についてです。

 

1. 遺産分割協議のやり直し

  • 難易度:高
  • 約束を破った場合、遺産分割協議をやり直すことは原則として難しい。
  • 遺産分割協議を解除するには、全ての相続人の合意が必要。

2. 強制的な老親の面倒を見る行為

  • 難易度:非常に高
  • 強制執行手続きを用いても、相続人に老親の面倒を見ることを強制するのは難しい。

3. 扶養料の支払い

  • 難易度:中
  • 老親の生活費(扶養料)を支払わせる方法が考えられる。
  • 扶養料が支払われない場合は、裁判所の扶養請求調停が必要。

事前対策:

  1. 居住権確保:
    • 老親が居住できる場所を確保することが重要。
  2. 将来の生活保障:
    • 残された配偶者に生活資金等を確保する。
  3. 面倒をみる相続人への対応:
    • 生前贈与や遺言により、実際の実態に基づいて財産を渡す。

まとめ:

  • 遺産分割協議に条件をつける際は慎重に検討し、特に老親の面倒を見る条件は事前に対策を講じる必要がある。
  • 弁護士や専門家に相談して、遺産分割協議書の内容を検討することが重要。