· 

不動産や山林の相続に関連する法的な手続きや注意点

 不動産や山林の相続に関連する法的な手続きや注意点についてです

  • 相続の背景:

 亡くなった人の財産だけでなく、負債も生きている関係者が引き継ぐことになる。

 法定相続人は民法で決まり、その立場を引き継いだ後に処理されないと、次の相続で再び引き継がれる可能性がある。

  • 相続人の変動:

 法定相続人は状況によって変動する可能性があり、その判断が難しいことがある。

 他の相続人が存在しない場合、遠い親戚が法定相続人になることもある。

  • 相続人全員の協力:

 不動産登記では、亡くなった方の法定相続人全員の協力が求められる。

 不動産の名義変更手続きにおいて、保存行為、管理行為、処分行為などがあり、それぞれの決定権が異なる。

  • 共有財産の取り決め:

 遺産分割協議を終えるまでは、遺産は相続人みんなのものであり、「共有」されている。

 共有者が持分の過半数を持つ場合、管理行為が可能となる。

  • 相続対策の手順:

 財産面での状況把握、法定相続人の状況把握、不動産や山林の情報の整理などが含まれる。

 対策を練る際には、相続人の対立や認知症、不在者などの状況を考慮する必要がある。

  • 対策の立案:

 遺言で相続人や財産を指定する際に、遺留分侵害や相続税の発生などを考慮する必要がある。

 相続税が発生する場合、納税資金の調達方法も検討が必要。

  • 最低限の対策:

 現時点で難しい場合でも、エンディングノートの活用や自筆証書遺言の作成など、最低限の対策がある。

 このような手順を踏んで、不動産や山林の相続に関するトラブルを未然に防ぐことができるとしています。