· 

相続対策とは、相続税だけではない

 相続対策とは、相続税だけでなく、円満な遺産分割や負債の処理など、幅広い問題に関わるものです。

 財産の全体像を把握し、相続人たちの状況を考慮して対策を講じることが重要です。

  • 相続税だけでなく全体の資産評価が必要:相続税対策は財産全体の評価から始まります。

 山林だけでなく、不動産や現金などの資産も含めて総合的に考える必要があります。

  • 遺産分割協議の難航を考慮:遺産分割協議はスムーズに進まない場合があります。特に寝たきりや意思疎通が難しい場合は、遺言の作成を検討することが重要です。

 全ての法定相続人の状況を確認し、争いやトラブルを未然に防ぐための対策が必要です。

  • 負債の処理に注意:負債や保証人としての債務も相続時には考慮しなければなりません。他人の債務の保証人になっている場合、相続人はその債務を引き継ぎます。

 これらの債務の存在も含め、資産全体を詳細に調査しておく必要があります。

  • 過去の契約書や書類の整理:相続前には、効力がない昔の契約書や不要な書類を整理しておくことが重要です。

 専門家の助言を得ながら、相続に必要な書類や情報だけを残しましょう。

  • 山林の現地情報の記録:山林の現地情報や境界などを覚えておくことは重要です。

 現地に行く機会が難しい場合は、ハンディGPSを使って記録を残すことも有効です。

 

 これらの対策を講じる際には、家族や相続人たちとの円滑なコミュニケーションが重要です。

 相談や協議を通じて、争いや不安を未然に防ぎ、希望する相続を実現するための計画を立てることが大切です。