· 

相続トラブルの解決方法

1-1. 遺産に占める不動産の割合が大きい場合の解決方法:

 換価分割:不動産を売却して得られた金額を相続人で分け合う方法。

 代償分割:特定の相続人が不動産を相続し、他の相続人に対して代償金を支払う方法。

 

1-2. 親からの生前贈与がある場合のトラブル解決方法:

 生前贈与の金額や内容を客観的な証拠として提出し、公平な遺産分割を促進する。

 感情論に流れず、事実に基づいた公平な解決を模索する。

 

1-3. 親の介護貢献度に差がある場合の解決方法:

 寄与分:介護に特別な貢献があった場合、その寄与度を考慮して遺産分割を行う。

 公正な寄与分の評価を行い、合意が得られない場合は家庭裁判所の手続きを検討する。

 

1-4. 遺言書の内容が不平等な場合の対処方法:

 遺留分:相続人に法定の遺留分が保障されており、それが侵害された場合は、侵害された分に相当する金銭の支払いを求めることができる。

 遺留分侵害の場合、家庭裁判所の手続きで解決を模索する。

 

 最も重要なのは、トラブルが発生する前に話し合いを重ね、公正かつ納得のいく解決策を見つけることです。

 相続人全員が協力して、専門家のアドバイスも受けながら問題解決に取り組むことが望ましいです。