· 

相続における不動産の問題点

  • 相続における不動産の問題点:

 相続において、不動産が絡むと様々な問題が発生します。

 例えば、どの不動産を相続するか、誰が住むのか、共有にするのか、売却するのか、貸すのかといった問題が生じます。

  • 相続時の不動産の評価差異:

 複数の不動産が相続される場合、それぞれの評価額に差が生じることが一般的です。

 この評価額の差が揉め事の原因となり、特に異なる地域や種類の不動産を相続した場合、その差異が大きくなることがあります。

  • 相続時の事前計画の重要性:

 親が元気なうちに、どの子がどの不動産を相続するかを決め、それを話し合いや遺言書に明記しておくことが重要です。

 これによって、相続後の揉め事や争いを未然に防ぐことができます。

  • 相続税評価額と実勢価格の違い:

 相続税評価額は路線価を基準に計算されますが、実際の市場価格である実勢価格とは異なることがあります。

 これが「争続」の原因となり、特に不動産の価格が変動する場合は注意が必要です。

  • 実勢価格の確認方法:

 不動産の実勢価格を正確に知るためには、不動産鑑定士や不動産業を行っている専門家に相談することが推奨されます。

 相続発生後に査定を受けることもできますが、親が元気なうちに実施しておくことが良いとされています。

  • 事前調査の重要性:

 相続が発生する前に、親が所有している不動産の実勢価格を事前に調査しておくことが重要です。

これによって、相続後のトラブルを防ぎ、公平な分配を実現することができます。

 

 これらのポイントは、相続において特に不動産が絡む場合に重要な考慮事項です。

 家族や相続関係者とのコミュニケーションや事前の計画が、円滑な相続プロセスに寄与します。