· 

名義預金が「名義預金」と認定されないための対策

 名義預金が「名義預金」と疑われる2つのポイント:

  • 両者の認識の合致:

 贈与者が贈与の意思を表示し、受取人がそれを受け入れることが生前贈与の成立条件。

 「あげた・もらった」という両者の合意がなければ、生前贈与は成立しない。

 例: 孫が贈与を受けていることを知らない場合、合意が成り立っていないと見なされ、預金は祖父の財産と見なされる。

  • 管理処分権限の移行:

 生前贈与された財産は、受取人が自由に使用できることが前提条件。

 調査官は、贈与されたお金が受取人によって自由に使用できたかどうかを注意深く調査する。

 例: 贈与されたお金が受取人によって自由に使えない場合、生前贈与とは見なされず、預金は祖父の財産と見なされる可能性が高まる。

 総じて、これらのポイントを両方ともクリアしなければ、名義預金が実質的な所有者の変更を伴っているとは見なされず、税務調査時にはこれらの要素が徹底的に検証される。


 名義預金が「名義預金」と認定されないための対策:

  • 贈与契約書の作成:

贈与者と受取人間で贈与契約書を作成し、贈与の内容や条件を明確に記載する。

贈与契約書には、本人の直筆のサインと、できれば印鑑も含める。毎回新たな契約書を作成し、その都度サインと印鑑を取得する。

  • 通帳や印鑑、キャッシュカードの管理:

贈与された財産の通帳、印鑑、キャッシュカードは、受取人が自らしっかり管理する。

未成年者の場合は、親権者が管理し、成人後は受取人が自ら管理するように移行する。

  • 通帳における入出金の実態作り:

 入金だけでなく、定期的にお金を引き出して使用することで、通帳における実際の使用実態を残す。

 入金しかない通帳は、名義預金と見なされやすいため、使用実態を示すことが重要。

  • 111万円の贈与には慎重:

 贈与税の回避のために111万円の贈与を行う場合、慎重に行動する。

 この方法は問題を悪化させることがある。

 贈与契約書を毎回作成する方が確実であり、信頼性が高い。

  • 適切な相談と計画:

 専門家に相談し、相続税対策の計画を立てる。

 教育資金贈与やふるさと納税など、税制優遇を活用する方法を検討する。

  • 時効の理解:

 贈与税には7年間の時効があるが、名義預金と認定されると時効が適用されない。

 名義預金には厳しい視線が向けられるため、時効を依存するのではなく、慎重に対策を講じる。

 相続税の税務調査では、名義預金が特に問題とされるため、これらの対策を講じることが重要です。

 慎重で計画的な行動が、相続税対策において成功の鍵となります。