· 

生前贈与と相続トラブル

 生前贈与と相続トラブル

 生前贈与の進行中に相続トラブルが発生するケースがあり、特に遺産分割対策が不十分なまま生前贈与を進めることが後戻りできない状況を生むことがある。

 遺産分割の際に現実的な調整が必要な資産が、生前贈与によって事前に分割されてしまうと、相続時のバランス調整が難しくなる。

  • 相続対策の流れと優先順位

 現状分析

  財産の現状を把握し、相続における課題や問題点を特定する。

 遺産分割対策

  平等な遺産分割の実現のため、資産の換金性などを考慮した対策を検討する。

 評価引下げ対策

  相続財産の評価を引き下げ、相続税負担を軽減するための戦略を考える。

 生前贈与対策

  生前贈与を通じて相続財産を家族間で分けるための対策を実施する。

 特例活用の検討

  特例措置や節税手段の検討を行い、相続税の軽減を図る。

  • 生前贈与と特例活用の例

 自宅の特例を利用して相続税を軽減するために、同居親族が相続しやすいように生前贈与を計画する例が挙げられる。

 家族協議に基づき、自宅と預金の相続先を選定し、その後生前贈与を進める。

 

 相続税対策の最終仕上げ

  相続税対策は、現状分析と遺産分割対策が基本であり、その後に評価引き下げ対策と生前贈与対策が続く。

  評価引き下げ対策や生前贈与対策は、基本工事が整った後の最終仕上げと位置づけられる。

 

 注意すべき点

  生前贈与による相続税対策は慎重に進める必要があり、特に遺産分割の調整が不十分なまま進めると後戻りが難しくなる。

  生前贈与の実施前に、特例や節税手段を検討しておくことが重要である。