· 

生命保険の受取人の選択

 相続税対策としての生命保険の受取人に関する情報を説明します。

 

非課税枠の計算方法:

 生命保険の非課税枠は、「法定相続人の人数×500万円」までとされています。

 ただし、保険金を受け取る人が複数いる場合、非課税になる金額はその受け取る保険金の割合に応じて分配されます。

 

配偶者 vs. 子供の受取人選択:

 配偶者に生命保険を受け取らせる場合、配偶者は元々1億6千万円まで非課税なので、生命保険を非課税にしても節税の効果が薄まります。

 そのため、相続税対策としては、子供を受取人にする方がお得とされています。

  

孫を受取人にするデメリット:

 孫を受取人とする場合、生命保険は非課税にならず、相続税がかかるだけでなく、「相続税の2割加算」の対象にもなります。

 さらに、孫が生命保険を受け取ると、亡くなる3年以内の生前贈与がなかったことにされ、相続税の計算に影響が出ます。

 

まとめ:

 生命保険に加入すると最大で「500万円×法定相続分」までが非課税になるが、受取人を子供にすることで得をする。

 配偶者は元々1億6千万円まで非課税なので、節税の効果が薄まる。

 孫を受取人にするのは最悪で、すぐに子供に変更すべきです。

 

受取人変更の注意点:

 生命保険の受取人の変更は簡単にでき、担当者に依頼すればすぐに対応してもらえます。