· 

不動産にはさまざまな問題が

 相続した不動産にはさまざまな問題が潜んでいる可能性があります。

 

1. 土地の接道義務不履行

 問題のポイント: 建築基準法では、特定の条件を満たさない土地には建物を建てることができない「接道義務」があります。

 リスク: 土地が接道義務を満たしていない場合、建築ができず、不動産の利用価値や財産価値が低下する可能性があります。

 

2. 敷地境界の不明確性

 問題のポイント: 不動産の敷地境界が不明確な場合、売却時に問題が生じる可能性があります。

 リスク: 購入希望者は敷地の境界を確認してから購入するため、境界がはっきりしない不動産は購入が難しくなります。

 

3. 不動産の名義の問題

 問題のポイント: 不動産の名義が相続前のままだと、売却や担保にすることが難しくなります。

 リスク: 正しい名義に変更するためには相続登記が必要であり、手続きが煩雑な場合もあります。

 

4. 違反建築

 問題のポイント: 増築や改築により建築基準法の制限を超える場合、違反建築の可能性があります。

 リスク: 違反建築の不動産は法的な問題が発生し、活用や売却が難しくなります。

 

5. 境界不明・境界トラブル

 問題のポイント: 敷地の境界が不明確または境界トラブルがある場合、不動産の取引が難しくなります。

 リスク: 境界に関するトラブルは法的な争いに発展しやすく、解決が難しい場合があります。

 

まとめ

 これらの問題がある場合、早期に問題を把握し、専門家のサポートを受けながら解決策を見つけることが重要です。

 不動産の問題は複雑であり、法的な知識や専門的なアドバイスが必要です。