· 

家族信託で不動産を買いたい時

  家族信託で不動産を買いたい時のポイント:

 

  • 登記手続きの注意: 不動産を購入する際、信託されたお金で購入する場合は、登記手続きで信託の登記も同時に行う必要があります。       この点を確認し、手続きを行うことが重要です。
  • 信託資金の不足時の対応: 信託された資金だけでは不動産購入に不足する場合、追加で信託を行うことができます。                資金面での計画をしっかりと立て、必要に応じて追加の信託を行うことができます。
  • 融資に関する税務問題: 融資を受ける際に、相続税の債務控除の対象になるかどうかについては不透明な点があるため、税理士との相談が必要です。 信託契約者が銀行との融資契約を結ぶ際には、相続税の観点から慎重に検討する必要があります。

 家族信託で不動産を売りたい時のポイント:

  • 信託契約書の確認: 不動産を売却する際には、信託契約書の内容に注意が必要です。信託契約書に処分権限が含まれているか確認し、処分権限があれば売却が可能です。
  • 抵当権の確認: 不動産に抵当権が設定されている場合、抵当権を抹消しないと売却ができません。                        売却を検討する際には、抵当権の有無や抹消手続きについて専門家と相談することが重要です。
  • 売却代金の利用: 売却代金は受益者である父親の生活費や医療費に利用できます。                                信託契約書でこれらの利用が明記されているか確認し、適切に資金を活用することが重要です。

まとめ:

 

  • 家族信託は認知症対策として有効であり、土地活用やアパート経営との組み合わせが相性が良いとされています。
  • 家族信託を利用する際には、契約書の作成や内容の検討が重要であり、将来的な事態に備えて家族での協議やフォローアップが必要です。
  • 不動産の売却や購入においても信託契約書の内容や税務上の検討が必要であり、専門家との相談が不可欠です。