· 

生前贈与と連年贈与

  • 生前贈与における非課税枠:

 生前贈与は毎年110万円までが非課税とされている。これは受贈者1人につきの枠である。

  • 連年贈与への注意:

 生前贈与を連続して行う場合、「連年贈与」として扱われ、贈与税が課税される可能性がある。

 贈与が一括でなく個別の出来事として扱われるよう心掛けるべき。

  • 連年贈与の立証:

 税務署が連年贈与を主張するためには、それを立証する必要があり、あくまで事実関係が証明されない限り、単なる偶発的な贈与と見なされる可能性が高い。

  • 現金贈与のリスク:

 生前贈与を現金で手渡しする際は、証拠が不足するため、税務署からの追及のリスクが高まる。口座振り込みなど、証拠が残る形式で行うべき。

  • 贈与成立の条件:

 贈与が成立するためには、あげる側ともらう側の合意が必要であり、受け取った側が自由に使える状態である必要がある。

  • 未成年者への贈与:

 贈与を受ける側が未成年者である場合、印鑑や通帳の管理はその子の親権者が行うことで、税務署からの問い合わせに対処できる。

 アドバイスとしては、生前贈与を行う際には細心の注意が必要であり、特に贈与の形式や証拠の取り方について慎重に検討することが必要です。