· 

遺言書なしの相続はもめる可能性がある.

 遺言書なしの相続はもめる可能性がある.

 

1.   遺言書の重要性:遺言書は、相続において重要な文書であり、法定相続分に優先します。

     遺言書がない場合、法定相続人全員が話し合いを行って財産の分割を決定する必要があり、「遺産分割協議」と呼ばれます。

 

2.   法定相続分と遺言書:遺言書の内容は法定相続分に優先するが、法定相続分を無視することはできません。

     遺言書を書く際には、法定相続分を考慮して遺産分配を行うことが重要です。

 

3.   誤解と遺言書:遺言書がないからといって、自動的に法定相続分で財産が分かれるわけではなく、話し合いが必要です。

    この遺産分割協議が行われると、相続に対する異論や意見の不一致が生じ、争いの原因となります。

 

4.   財産の多寡と相続争い:財産が多いか少ないかに関わらず、相続争いが発生する可能性があることに留意する必要があります。 

     相続争いは「争族」と呼ばれ、家族間の対立を引き起こすことがあります。

 

5.   一般の人への影響:記事は、財産が多い場合だけでなく、少ない場合でも相続に関する問題が発生する可能性があることを強調しています。

    したがって、個人が遺言書を書くことは、争いを避けるために重要であるとされています。

 

  一部の人が「遺言書は関係ない」と考える可能性があるが、実際には誰にでも影響を及ぼす問題であります。