· 

子どもへの車の贈与

 子どもへの車の贈与に関するポイントです。

  • 車を子どもへ贈与する際のポイント:

 車を子ども名義にする場合、できれば買った後に名義を変更するのが税金の面で無難です。

 贈与税の可能性があるため、名義変更なしでそのまま所有しておく方が良い場合があります。

  • 贈与税の発生条件:

 お金を出した人と異なる人が名義人になると、「贈与」が行われたものと見なされ、贈与税がかかる可能性があります。

 年間110万円の贈与枠を超える場合、贈与税が発生します。

  • 中古価格での贈与のメリット:

 車を子ども名義にする場合、新車価格で贈与するよりも、買った後の中古価格で名義変更する方が贈与税の節税効果があります。

  • 家を購入する場合の特例と注意点:

 家の場合も同様に、贈与の特例を活用するためには申告が必要であり、名義に注意する必要があります。

 住宅取得等資金の特例や親の名義を入れる場合、相続財産となる可能性があります。

  • 親からお金を借りる場合の注意点:

 親からお金を借りる場合も、金銭消費貸借契約書を作成し、定められた条件で返済する必要があります。

 ただし、これも子に対する貸付金として、親の相続財産になります。

 贈与や名義変更に伴う税金のリスクを考慮しながら、慎重に対処することが勧められます。