· 

届け出を忘れた際の対応法

 相続時精算課税のメリットと「届け出」を忘れた際の対応法

 

  1. 長男が会社の顧問税理士から相続について相談を受け、相続時精算課税制度を利用して土地の贈与を計画。
  2. 顧問税理士は司法書士を紹介し、父から長男に土地を贈与し、登記手続きを完了。
  3. 長男は相続時精算課税制度の存在や届け出の必要性を知らず、税務署からの問い合わせで初めて認識。
  4. 税務署に相談したが贈与税支払いを求められ、地元の弁護士会でも支払いが避けられないとの回答。
  5. 相続時精算課税制度は、2500万円まで非課税であり、贈与税を支払った場合は相続税控除になる特例的な制度。
  6. 顧問税理士が説明不足で、届け出を怠った結果、約1000万円の贈与税を支払うことになった。
  7. 長男は交渉を試み、他の税務署での過去の事例を引用し、憲法14条に基づいて平等な扱いを求めた。
  8. 所轄税務署の初めは拒否的だったが、最終的には条件付き贈与として相続時精算課税の扱いに応じ、贈与税支払いを免れることができた。
  9. 粘り強い交渉と法的な主張により、税金の免除が実現し、成功事例となった。