· 

サービス付き高齢者向け住宅

 サービス付き高齢者向け住宅について:

 サービス付き高齢者向け住宅は、高齢者向けの賃貸住宅で、バリアフリー対応を基本として提供されています。

 民間事業者によって多く運営されています。

  • 概要:

 一般型と介護型の2つがあり、どちらも要介護度が高い方を受け入れ、看取りまでサポートする施設も存在します。

 要介護や要支援の認定を受けた方や、60歳以上で介護認定がなくても入居が可能。

 通称「サ高住」と呼ばれ、入居費用や月々の費用が有料老人ホームとは異なり、賃貸住宅と同様の形態で提供されます。

  • 契約の形態と費用:

 建物貸借方式で賃貸住宅と同じ形態の契約。

 一時金ではなく、敷金や礼金が15万~30万円程度で済むため、蓄えがない方でも入居が可能。

 月々にかかる費用も10万円前後で、年金生活の方にも手頃な施設があります。

  • 介護サービス:

 居宅サービス(訪問・通所)を利用し、外部の介護サービスと連携。

 自由に外出が可能で、生活ペースを維持できる。

介 護付き有料老人ホームより手軽に入居可能で、国からの補助金も支給されている。

  • サービスの差異:

 基本サービスは安否確認と見守りだけで、他のサービスは事業者や施設によって異なる。

 日中の活動やイベントは事業者によって異なり、見学や説明を通じて確認が必要。

 最近では相続対策として建設される施設もあり、異業種からの参入が増えている。施設の事業主についても確認が重要。

 サービス付き高齢者向け住宅は、柔軟で手軽な入居が可能な施設であり、高齢者の生活サポートを提供しています。

 選択の際には、契約形態や提供されるサービス、費用体系などを検討し、自身のニーズに合った施設を選ぶことが重要です。