· 

掛け捨ての定期保険と終身保険

 掛け捨ての定期保険と終身保険の比較

  • 掛け捨ての定期保険:

 特徴:

 レバレッジ倍率が高く、資産を増やす機能が強調される。

 契約期間中に死亡しないと資産を失う可能性がある。

 40年の契約期間があるため、長期間のコミットメントが必要。

  • 終身保険 (10年間で終了):

 特徴:

 10年間の保険料支払いで契約終了可能。

 死亡時の保険金が支払われるため、資産の喪失リスクが低い。

 10年目以降も解約返戻金があり、資産を回収できる。

 

 利用例:

  • 掛け捨ての定期保険:

 病気がちで90歳までに亡くなる可能性が高い場合。

  • 終身保険 (10年間で終了):

 健康に自信があり、100歳まで生きると予想される場合。

 

具体的な事例:

  • 終身保険 (10年間で終了):

 50歳の男性が契約。

 10年間で9000万円の保険料支払い後、死亡時に1億円の保険金が支払われる。

 10年目以降も解約返戻金があり、資産を回収できる。

 解約返戻金を受け取りながら、90歳で解約すれば、投資額の117%を回収可能。

  • 終身保険 (10年間で終了 - 50歳女性):

 50歳女性が契約。

 10年間で866万円の保険料支払い後、死亡時に1億円の保険金が支払われる。

 10年目以降も解約返戻金があり、資産を回収できる。

 解約返戻金を受け取りながら、90歳で解約すれば、投資額の120%を回収可能。

 

 総括:

  • 終身保険 (10年間で終了)は:

 一定の期間で資産を形成し、保険料のコストを抑えつつ、資産を守りたい場合に適している。

 10年目以降も「ふやす力」を維持でき、解約返戻金により資産を回収可能。

 長期の契約ではなく、中期的なプランを希望する場合に有利。