· 

相続税評価額を下げることが重要

相続税対策における最重要課題:

 「財産評価」を下げるポイント

 相続税評価額を下げることが重要。

 貸家建付地の場合、借家権割合に応じて約30%の控除が受けられる。

 

アパートとワンルームマンションの比較

  • マンションが有利な理由:

 土地の評価が重要で、土地の持ち分が少ない方が評価が下がり、相続税対策に有利。

 マンションは土地の共有持ち分が多く、土地の評価が抑えられる。

 

 アパートの場合の相続税評価額の計算

 アパートの場合、土地の所有権がオーナー1人であるため、土地の評価が高くなりがち。

 アパート建設により土地の評価が下がっても、借金をしなければ相続税評価額が大幅に下がらない。

 アパート建設と借金を組むことで相続税評価額を下げることが可能。

  • アパートの相続税対策の注意点

 土地の相続税評価額があまり下がらない場合、アパート建設により収益が出て逆に資産が増える可能性がある。

  • 日銀が懸念する相続税対策にならないケース。

 相続税対策において土地の評価額を下げることが重要であり、その点でワンルームマンションが有利であると説明されています。

 アパートの場合、土地の評価を下げるためには借金をして建物を建てる必要があり、その際には資産が増えてしまう可能性があります。

 これらの事例を考慮して、相続税対策を適切に進める必要があります。