· 

不動産売買仲介の仕組みや悪しき慣習

 不動産業界における不動産売買仲介の仕組みや悪しき慣習についてです。

 

  • 不動産売買仲介の仕組み:

 不動産売買仲介は、不動産を売りたい人と買いたい人を最適に組み合わせ、その成功報酬として仲介手数料を得る仕組みである。

 仲介手数料は売主から売買価格の3%+6万円、買主からも同額の3%+6万円を頂くことができる。

  • 売物件の募集と営業活動:

 不動産業界では、良質な売物件を集めることが重要であり、様々なキャンペーンやサービスを通じて売物件の募集が行われている。

 顧客の希望や利益を無視し、自社内でのマッチングを優先するケースも存在する。

  • 両手仲介の悪しき慣習:

 両手仲介は双方代理による利益相反を引き起こす可能性があるため、不当な仲介手数料の獲得を避けるための対策がとられているが、改善が進んでいない。

  • 不動産業界の悪しき慣習への挑戦:

 一部の不動産会社は、両手仲介を原則もらわないことをセールスポイントとして売り出しており、また、仲介手数料を一律30万円程度に統一する会社も登場している。

  • 営業社員の収益最大化戦略:

 営業社員が戸建て用地の売却を預かった場合、建売業者に売却することで最大4回の仲介手数料を得る戦略が存在する。

 この戦略により、両手仲介が発生しやすくなり、新築住宅の再販売時にも仲介手数料を獲得できる。

  • 「コーポラティブ型土地購入」の提案:

「コーポラティブ型土地購入」は、不動産会社への中間マージンの排除と、良好な住宅環境の形成を可能にし、不動産取引の革新に貢献する提案として紹介されている。