· 

タワーマンションの固定資産税の見直し

タワーマンションの固定資産税の見直し:

 平成29年の税制改正で、タワーマンションの所在階によって固定資産税が異なるようになった。

 購入者層が裕福なため、税金の差額に対する不満は限定的であり、相続税の評価の圧縮策が重要。

 

相続税評価の圧縮策の課題と可能性:

 固定資産税の見直しでは十分な効果が期待できないとの見解。

 相続税評価の見直しでは、贈与の場合には適用外とする規定を援用する可能性が考えられる。

 

中古タワーマンションの注目:

 固定資産税の見直しは新築タワーマンションにのみ適用され、中古物件には適用されない可能性。

 中古のタワーマンションが再注目され、需要が盛り上がる可能性がある。

 

投資用ワンルームマンションの動向:

 投資用ワンルームマンションの供給が都心から郊外に移行している。

 都心の新築ワンルームマンションへの需要が縮小し、築浅のワンルームマンションが堅調に推移する可能性。

 

都心築浅ワンルームマンションの魅力:

 都心築浅物件や築古でも都心3区の物件は「買い」とされ、需給が締まり、堅調に推移する見込み。

 不動産運用において、都心築浅物件や築古のワンルームマンションが注目されている。