· 

相続手続きがスムーズに進まない場合

 遺言書があっても相続手続きがスムーズに進まない場合や、相続人にまつわる問題が生じた際の課題に焦点を当てます。

  • 遺言書の有効性に関する問題

同意による異なる承継方法:

 相続人全員が同意すれば、遺言書と異なる承継方法を採用できる。

遺言の無効主張:

 相続人の一人が遺言の無効を主張する可能性があり、法的な争いが生じることも考えられる。

新たな遺言書の発見:

 最新の遺言が有効であるため、新しい遺言書が見つかった場合はそちらが優先される。

 

相続人にまつわる問題と課題

ケース1: 

 相続人中に認知症や障がいがある場合

問題点:

 成年後見人の選任手続きが必要で、協議までに時間がかかる可能性がある。

ケース2: 

 相続人間で紛争がある場合

問題点:

 裁判所での調停が必要で、手続きが長期化し当事者の疲労を引き起こす可能性がある。

ケース3:

  相続人の中に行方不明者がいる場合

問題点:

 不在者財産管理人の選任手続きが必要で、協議までに時間がかかる可能性がある。

ケース4:

  相続人中に海外居住者がいる場合

問題点:

 海外在住者には手続きが長期化する可能性があり、特有の書類提出や帰国の必要がある。

ケース5:

  被相続人が外国人の場合

問題点:

 戸籍がない場合など、相続手続きが難しくなる可能性がある。

 

課題の影響

財産の共有状態と凍結:

 相続手続きが長期化すると、財産は共有状態になり、凍結される。

税制優遇の受給困難:

 相続税の納税や特例、税額軽減などが受けられなくなる可能性がある。