· 

土壌汚染がある土地の相続税評価額

 土壌汚染がある土地の相続税評価額の計算方法やポイントについてです。

  • 土壌汚染とは

 土壌汚染は土壌が有害物質によって汚染される状態を指し、工場の操業などが原因となります。

 汚染は目で見てわからず、調査が必要です。

 土壌汚染地では、有害物質が地下水や農作物を通じて人体に影響を及ぼす可能性があります。

 適切な措置が必要です。

  • 土壌汚染地の相続税評価額の計算方法

 土壌汚染地の相続税評価額は、以下の式で計算されます:

 土壌汚染地の評価額=汚染がない場合の評価額−浄化・改善費用−使用収益制限による減価−心理的要因による減価土壌汚染地の評価額=汚染がない場合の評価額−浄化・改善費用−使用収益制限による減価−心理的要因による減価

 

浄化・改善費用:

 汚染の浄化や改善のための費用。全額ではなく、見積額の80%が控除される。

使用収益制限による減価:

 土地の用途が制限され、収益が減少する場合の減価。

心理的要因による減価:

 汚染により心理的な嫌悪感から生じる価値の低下。

  • 土壌汚染地の相続税評価額のポイント

土壌汚染が判明している場合のみ評価額を減額できる:

 相続時に土壌汚染が判明している場合に限られる。

汚染原因者への求償権は相続財産になる:

 汚染の原因が特定でき、原因者に費用を請求できる場合、求償権は相続財産となる。

 

計算のポイントを理解し、専門家へ相談:使用収益制限や心理的要因による収益の減少の見積もりが難しい場合は、相続税に詳しい税理士に相談することが重要。

 

まとめ

 土壌汚染がある土地の相続は、評価額の減額要因が多岐にわたります。

 具体的な計算は専門的な知識が必要であり、税理士との相談がおすすめです。

 求償権や評価のポイントを理解し、正確な相続税の申告が行えるよう注意が必要です。