· 

相続税の申告書と税理士

 相続税の申告書に関する情報と、税理士が関与することで得られるメリットについてです。

 

税理士関与割合の高さ:

 平成29年度の実績によれば、相続税の申告書のうち、税理士が関与した割合は84.4%に達しています。

 税理士に依頼することが一般的であることが示唆されています。

 

税理士非関与のリスク:

 税理士非関与で相続税の申告書を作成すると、税務署からの指摘を受けやすく、ペナルティの税金支払いのリスクがあります。

 相続人自身での作成は計算誤りや不備が生じやすいとされています。

 

計算誤りの問題:

 相続税の計算では、相続財産の評価額を正確に算出する必要があります。

 計算誤りがあると、税務署による指摘や実地調査のリスクが高まります。

 

相続財産の把握の難しさ:

 相続税は被相続人の財産に基づいて申告を行うため、相続人が把握できる範囲にも限界があります。

 税務署は申告書と漏れた財産の照合を行い、漏れがあれば調査の対象となります。

 

法令解釈の難しさ:

 相続税に関する法令の理解が難しく、特例制度の適用や節税対策を正確に行うことが難しいとされています。

 特に、海外資産の詳細な申告が求められています。

 

税理士の役割とメリット:

 相続税専門の税理士は、相続税の知識に加えて、調査対象となりやすいポイントも把握しているため、税務調査のリスクを減少させる効果があります。

 

書面添付制度の利用:

 書面添付制度は、税理士が相続人にヒアリングを行い、その結果を申告書に添付する仕組みです。

 相続税に精通した税理士が行うヒアリングは、実地調査のリスクを下げる有効な手段とされています。

 

海外資産の影響:

 海外資産を持つ場合、その詳細な申告が求められ、税務署は海外関連事案の調査に力を入れています。

 正確な申告が必要であり、税理士のアドバイスが有益です。

 相続税に関する正確な申告と、税務調査のリスクを最小限に抑えるためには、相続税専門の税理士に依頼することが勧められます。