· 

贈与税の計算方法や暦年贈与信託

 贈与税の計算方法や暦年贈与信託についてです。

  • 贈与税の計算方法:

 贈与税は、1年を通じていくら贈与を受けたかと誰から贈与を受けたかによって決まります。

 直系尊属(祖父母、父母など)からの贈与の方が税率が低くなっています。

具体的な計算式は以下の通りです。

 

 (贈与金額−基礎控除)×税率(贈与金額−基礎控除)×税率

 たとえば、祖父からの200万円の贈与の場合、基礎控除が110万円として、税率が10%の場合:

(200万円−110万円)×10%=9万円(200万円−110万円)×10%=9万円

 したがって、この場合の贈与税は9万円となります。

  • 暦年贈与信託:

 暦年贈与信託は、信託銀行に預金を贈与対象者に代わって自動的に振り込んでもらう仕組みです。以下が具体的な手順です。

  1. 贈与をしたい側が信託銀行と契約を結ぶ。
  2. 贈与対象者と金額などを指定する。
  3. 信託銀行が毎年1度、自動的に契約書の口座から預金を贈与対象者に振り込む手続を代行する。
  4. 贈与を受ける側には、信託銀行から「贈与を受けるかどうかの確認書」が届き、必要事項を記入して返送する。

 このサービスを利用することで、手間が省けるだけでなく、忘れる心配もなくなります。

 多くの信託銀行がこのサービスを無料で提供しているため、便利な方法と言えます。