· 

贈与額の最適な決定は

 贈与額の最適な決定は、家族の年齢、財産額、相続人の数など多くの要因に依存します。

 異なるケースにおける最適な贈与額の例を挙げてみました:

 

ケース1: 60~70代・財産額5000万~1億円程の家族

 

父親(70歳)の財産:7000万円

相続人:妻、長男、長女

最適贈与額:年110万円

アプローチ:

 父親が70歳で比較的若いため、毎年110万円の暦年贈与を行い、相続財産を減らしていく。7年後には相続税がかからない範囲に財産を削減する。

 

ケース2: 80~90代・財産額5000万円~1億円程の家族

 

父親(80歳)の財産:7000万円

相続人:妻、長男、長女

最適贈与額:年110万円以上で贈与税を払う

アプローチ:

 高齢で高額の財産を持つ場合、110万円にこだわらず、多くの家族に多めの金額を贈与して、結果的に家族全体で支払う税金の総額を抑える。

 ただし、高齢者の場合は「3年以内の贈与加算」の規定があるため注意が必要。

 

ケース3: 財産額2000万円~5000万円程の家族

 

父親(80歳)の財産:4500万円

相続人:妻、長男、長女

最適贈与額:0円

アプローチ:

 財産が基礎控除内であり、相続税がかからない場合は、積極的な生前贈与は必要ない。

 相続税が発生しないため、贈与を行わなくても良い。

 これらの例はあくまで一般的なアプローチであり、個々の状況によって最適な贈与額が異なります。

 税法や相続対策には複雑な要素が絡むため、専門家のアドバイスを受けながら、具体的なケースに合わせてプランを立てることが重要です。