· 

空き家のリスク、トラブル

空き家所有者と行政とのトラブル:

 敷地内の樹木や道路への越境で行政からの指示や切除命令が発生する可能性がある。

 建物の老朽化や倒壊のリスクがあり、行政が必要な措置を取ることがある。

 

空き家の周辺環境とのトラブル:

 空き家の所有者が管理を怠り、不法投棄や不審火などが発生すると、周辺環境に悪影響を与える可能性がある。

 空き家対策特別措置法に基づき、市町村が必要な措置を行うことができる。

 

住宅用地の特例からの除外のリスク:

 空き家が住宅と認定されない場合、「住宅用地の特例」の適用が除外され、税負担が増加する可能性がある。

 

周辺住民とのトラブル:

 敷地内の樹木が越境し、切除の手間や費用が発生する可能性がある。

 建物の外壁の崩落や積雪による危害が隣地の住民に被害を及ぼす可能性があり、損害賠償の責任が生じることがある。

 

新たな法改正による管理人の命令:

 民法改正により、所有者が土地や建物の不適切な管理を行った場合、利害関係人の請求により管理人の命令が出され、その費用が所有者の負担となる可能性がある。

 

適切な判断の必要性:

 手放さない選択をする場合でも、適切な修繕管理が求められ、将来的な問題を避けるためにも速やかな判断が必要とされている。

 相続後は維持管理の費用を見積もり、購入希望者や賃貸候補者を早期に見つけることが重要。

 

相続後の売却や賃貸の検討:

 相続後は速やかに購入希望者や賃貸候補者を見つけるために、売却や賃貸など有効な活用策を検討することが勧められている。