· 

相続でのトラブルを招く主な理由

相続でのトラブルを招く主な理由:

 相続において問題が生じる主な理由は、大きく2つに分けられます。

  • 高額な相続税の負担:

 資産構成の不均衡や適切な相続税対策がない場合、高額な相続税が発生する可能性があります。

 ポートフォリオのバランスや生前の資産圧縮の不足が、相続税の増額につながることがあります。

 相続税の対策として、生前から専門家の助言を得ることや資産のバランスを考慮した計画が必要です。

  • 相続人間での遺産分割時の対立:

 遺産分割時に対立が生じる主な原因は、相続人が多かったり、同居家族が遺産を使い込んでいたり、亡くなった人が多額の借金を抱えていた場合です。

 これらの事態は、遺産分割の協議を複雑にし、トラブルの温床となります。

 

高額な相続税の原因と対策:

  • 資産のバランスの不均衡:

 ポートフォリオのバランスを取り、適切な相続税対策を行うことが重要です。

 生前から投資や遺産分割において専門家のアドバイスを受けることで、相続税の軽減が可能です。

  • ポートフォリオの把握と更新:

 ポートフォリオを正確に把握し、変更があれば相続財産目録を随時更新することが相続税対策の一環です。

 生前から情報を管理し、専門家と相談することで、有益な戦略を立てることができます。

 

遺産分割での対立の原因と生前対策:

  • 相続人が多い場合や複雑な家族構成:

 相続人が多い場合や複雑な家族構成の場合は、遺産分割が難しくなりやすいです。

 遺言書を作成して遺産分割の指針を示すことで、対立を回避できます。

  • 同居家族の問題:

 同居家族が遺産を使い込んでいた場合、これを事前に把握し、生前対策として遺言書や財産目録を作成することが重要です。

 不正利用や問題行動に対する対策を検討します。

  • 借金の問題:

 亡くなった人が多額の借金を抱えている場合は、それを事前に把握し、相続財産目録を通じて相続人に知らせることが必要です。

 遺言書で優先的に借金の償還を指定するなどの対策を検討します。

  • まとめ:

 相続トラブルを回避するためには、高額な相続税の負担を軽減するための対策や、遺産分割での対立を防ぐための生前対策が重要です。

 専門家のアドバイスを受けながら、ポートフォリオのバランスを整え、家族構成や遺産の状況を正確に把握し、遺言書や財産目録を作成することで、円滑な相続が期待できます。