· 

地方都市での「タワマン・ブーム」

地方都市での「タワマン・ブーム」に焦点を当て、その背後にある要因や影響についてです。

  • 再開発事業によるタワーマン建設:

 地方都市でのタワーマン建設ブームは、駅前の再開発事業が主要な要因とされます。

 老朽化した駅舎や駅前道路の整備と共に、新築される駅ビルには商業店舗や公共施設、住居フロアが組み込まれており、自治体からの交付金も期待できることから、大手ディベロッパーが地方都市に進出しています。

  • 地方都市での具体的な事例:

 JR福井駅西口プロジェクト、JR岐阜駅北口プロジェクト、JR岡山駅東口プロジェクトなど、具体的な地方都市で進行中のタワーマンプロジェクトがあります。

 これらのプロジェクトは再開発事業に結びついています。

  • 購入者層の傾向:

 地方都市のタワーマンにおける購入者の特徴についてです。

 特殊住戸(最上階など)は地元の有力者が購入し、中層階の一般住戸は大都市と地方都市を行き来する富裕層、低層階は戸建からの転居を希望する高齢者が購入しています。

  • 影響と課題:

 タワーマン建設が進むことで、土地価値が急上昇し、古くからの住民が立ち退きを余儀なくされるケースが発生しています。

 これにより商店街の衰退など、地域全体に影響が及んでいると指摘されます。

 タワーマン建設に伴う路線価の急騰が、地元住民の生活に支障をきたす場合もあり、その課題があります。

 地方都市でのタワーマン建設が再開発事業と結びつき、需要者層や地域への影響について多角的な視点で考察されていることが伺えます。