· 

タワーマン節税

 「タワーマン節税」は、高額な不動産資産を持つ人々が相続税を軽減するために利用されるテクニックでした。

 しかし、国税庁の新たなルールにより、そのメリットは減少しています。

 この新ルールでは、マンションの相続税評価額を従来の方法とは異なる方法で計算します。

 具体的には、マンションの築年数や総階数、物件の所在する階数などに係数をかけて、一般的な市場価格を計算します。

 そして、従来の相続税評価額よりも下回っている場合は60%に引き上げます。

 この新しい計算方法は、2024年1月1日以降に相続や贈与で取得したすべてのマンションに適用されます。

 結果として、タワーマンションの相続税評価額は市場価格と比例して高くなり、これまでのような節税メリットは薄れるでしょう。

 ただし、依然として小規模宅地等の特例を利用することで、市場価値の高いタワーマンションには節税メリットが残る可能性があります。

 しかし、注意すべき点として、過度な節税対策は税務署から否認されるリスクがあることを忘れてはなりません。

 2022年4月の最高裁判決の事例がそれを示しています。

 したがって、適切な節税対策を行う際には、法的な規定を遵守することが重要です。